LiSA  年間購読注文する
戻 る
               
号名
巻数

号数

特集テーマ

価格

注文
2018年
2018年別冊 25 2018のシェヘラザードたち 3,780
2018年別冊 25 疼痛と鎮痛 4,860
2018年9月号 25 9 ステント治療最前線 2,484
2018年8月号 25 8 ダヴィンチ手術の現在地 2,484
2018年7月号 25 7 術後慢性痛への挑戦 2,484
2018年6月号 25 6 術前内服薬はそれでいいのか? 止めてはいけない理由、続けてはいけない理由を知る 2,484
2018年5月号 25 5 ダブルルーメンチューブ 2,484
2018年4月号 25 4 術前診察 基本の「き」 2,484
2018年3月号 25 3 日本版敗血症診療ガイドライン2016 2,484
2018年2月号 25 2 知っているようで知らない 手術室の設備 2,484
2018年1月号 25 1 術後認知機能障害 2,484
2017年
2017年別冊 24 東京麻酔専門医会 編集 Annual Refresher Course Lecture 4,104
2017年12月号 24 12 ICUにおける感染性合併症 2,376
2017年11月号 24 11 閉塞性睡眠時無呼吸 2,376
2017年10月号 24 10 呼吸器疾患の周術期管理 2,376
2017年9月号 24 9 術前シミュレーション 2,376
2017年8月号 24 8 鎮静 2,376
2017年7月号 24 7 血液疾患患者の麻酔 2,592
2017年6月号 24 6 デスフルランを使いこなそう 2 2,376
2017年5月号 24 5 心臓麻酔デビューに向けて:オフポンプ冠動脈バイパス術 2,376
2017年4月号 24 4 麻酔科医のプロフェッショナリズムを考える 2,376
2017年3月号 24 3 続 痛み治療の素朴な疑問に答えます 2 2,376
2017年2月号 24 2 続 痛み治療の素朴な疑問に答えます 2,376
2016年
2017年1月号 24 1 無痛分娩における麻酔科医の役割 2,376
2016年12月号 23 12 ビデオ喉頭鏡 現代の気道管理における立ち位置を探る 2,376
2016年11月号 23 11 “エビデンス”に立ち向かう 2,376
2016年10月号 23 10 アナフィラキシー 2,376
2016年9月号 23 9 心臓麻酔デビューに向けて〜オンポンプ手術を中心に 2,376
2016年8月号 23 8 まれだが怖い 手術合併症 2,376
2016年7月号 23 7 気道管理の最先端 2,376
2016年6月号 23 6 薬が承認されるまで 2,376
2016年5月号 23 5 成人先天性心疾患 2,376
2016年4月号 23 4 麻酔科医として歩み始めたあなたへ 10年後の自分に向かって、今日から始めたいこと 2,376
2016年3月号 23 3 徹底分析シリーズ 薬物の投与経路とその効果 2,376
2016年2月号 23 2 麻酔手技に伴う合併症とその対処 2,376
2015年
2016年1月号 23 1 硬膜外ができないときの術後鎮痛法 2,376
2015年12月号 22 12 神経精神疾患者の麻酔 2,376
2015年11月号 22 11 麻酔手技に伴う合併症とその対処:基礎編 2,376
2015年10月号 22 10 麻酔器を知れば日々の臨床も面白くなる 2,376
2015年9月号 22 9 アセトアミノフェン 2,376
2015年8月号 22 8 Pressure 2,376
2015年7月号 22 7 小児の気道異常 2,376
2015年6月号 22 6 局所麻酔薬 2,376
2015年5月号 22 5 TAVI:カテーテル,そしてチームで治す大動脈弁狭窄症 2,376
2015年4月号 22 4 安全な麻酔実践 基本の「き」 2,376
2015年3月号 22 3 非がん性痛に対するオピオイド 2,376
2015年2月号 22 2 痛み治療の素朴な疑問に答えます 2 2,376
2015年1月号 22 1 痛み治療の素朴な疑問に答えます 1 2,376
2014年
2014年別冊 21 東京麻酔専門医会 編集 Annual Refresher Course Lecture 4,104
2014年12月号 21 12 研修医の素朴な疑問に答えます 周術期管理と血液製剤 2,376
2014年11月号 21 11 研修医の素朴な疑問に答えます 周術期管理 2,376
2014年10月号 21 10 研修医の素朴な疑問に答えます 生理メカニズム 2,376
2014年9月号 21 9 研修医の素朴な疑問に答えます 病態生理を中心に 2,376
2014年8月号 21 8 研修医の素朴な疑問に答えます―薬あれこれ編 2,376
2014年7月号 21 7 困難な呼吸器手術を克服しよう 2,376
2014年6月号 21 6 産科出血は怖くない(前編) 2,376
2014年5月号 21 5 低侵襲化する呼吸器手術とその周術期管理 2,376
2014年4月号 21 4 麻酔のリスクマネジメント 2,376
2014年 3月号 21 3 バトルオンセミナー:声門上器具 2,376
2014年2月号 21 2 最も古く最も新しい中心静脈ライン:PICC 2,376
2014年1月号 21 1 新臨床研修制度10年目のホンネ 2,376
2013年
2013年12月号 20 12 未来への麻酔科学教育 2,376
2013年11月号 20 11 徹底分析シリーズ Open TCIへの誘い 2,376
2013年10月号 20 10 腎臓を守れ!麻酔科医 2,376
2013年9月号 20 9 正しく使おう 筋弛緩薬 2,376
2013年8月号 20 8 冠攣縮 2,376
2013年7月号 20 7 感染源患者の管理 2,376
2013年6月号 20 6 静脈血栓塞栓症 2,376
2013年5月号 20 5 感染を防ぐ 2,376
2013年4月号 20 4 安全な麻酔のためのモニター指針 2,376
2013年3月号 20 3 周術期の抗凝固・線溶系の管理 2,376
2013年2月号 20 2 デスフルラン2 2,376
2013年1月号 20 1 デスフルラン1 2,376
2012年
2012年別冊 19 東京麻酔専門医会 編集 Annual Refresher Course Lecture 4,104
2012年12月号 19 12 ガスメディエータの未来 2,376
2012年11月号 19 11 周術期の輸血療法 2,376
2012年10月号 19 10 脳死ドナー発生!臓器摘出術のマネージメントできますか? 2,376
2012年9月号 19 9 それでいいのか 麻酔中の人工呼吸 2,376
2012年8月号 19 8 麻酔科的 緩和医療 2,376
2012年7月号 19 7 末梢神経ブロック 2,376
2012年6月号 19 6 ニューロモジュレーションによる鎮痛 2,376
2012年5月号 19 5 痛みのバイオロジー 2,376
2012年4月号 19 4 意識のバイオロジー 2,376
2012年3月号 19 3 3.11から学ぶ 2,376
2012年2月号 19 2 最近の癌治療 2,376
2012年1月号 19 1 周術期の低体温 2,376
2011年
2011年12月号 18 12 麻酔に役立つ血糖のお話 2,376
2011年11月号 18 11 麻酔手技座談会 隣は何をする人ぞ《カニュレーション編》 2,376
2011年10月号 18 10 麻酔手技座談会 隣は何をする人ぞ《麻酔編》 2,376
2011年9月号 18 9 麻酔手技座談会 隣は何をする人ぞ《気道確保・気道管理編》 2,376
2011年8月号 18 8 PCA再考 2,376
2011年7月号 18 7 Rapid Response System 2,376
2011年6月号 18 6 周術期における栄養管理 2,376
2011年5月号 18 5 素朴な疑問 これにて35件落着! 2,376
2011年4月号 18 4 素朴な疑問 これにて26件落着! 2,376
2011年3月号 18 3 素朴な疑問 これにて13件落着! 2,376
2011年2月号 18 2 病的肥満の治療と麻酔 2,376
2011年1月号 18 1 体内時計 2,376
2010年
2010年別冊 17 東京麻酔専門医会 Annual Refresher Course Lecture 4,104
2010年12月号 17 12 麻酔薬は敵か味方か;麻酔薬の二面性に迫る 2,376
2010年11月号 17 11 麻酔薬は敵か味方か(神経編) 2,376
2010年10月号 17 10 術後回復力増強(ERAS)プロトコール 2,376
2010年 9月号 17 9 病院機能評価を考える 2,376
2010年8月号 17 8 遺伝子多型と麻酔 2,376
2010年7月号 17 7 緊急輸血:予期しない、予想を超えた輸血 2,376
2010年6月号 17 6 周術期管理に必要な抗血小板療法の理解 2 2,376
2010年5月号 17 5 周術期管理に必要な抗血小板薬の理解 2,376
2010年4月号 17 4 スガマデクス(臨床編) 2,376
2010年3月号 17 3 スガマデクス 2,376
2010年2月号 17 2 大血管手術後の脳:脊髄合併症 2,376
2010年1月号 17 1 麻酔科医とタンパク質の一生 2,376
2009年
2009年 別冊 16 東京麻酔専門医会編 Annual Refresher Course Lectue 4,104
2009年12月号 16 12 酸塩基平衡異常 2,376
2009年11月号 16 11 術中覚醒記憶 2,376
2009年10月号 16 10 麻酔に関するガイドラインを知ろう 2,376
2009年9月号 16 9 麻酔科医の知らなければいけない免疫 2,376
2009年8月号 16 8 LMA・声門上器具 2,376
2009年7月号 16 7 脳外科手術のControversies(その2) 2,376
2009年6月号 16 6 脳外科手術のControversies(その1) 2,376
2009年5月号 16 5 セボフラン 2,376
2009年4月号 16 4 産科麻酔のControversies 2,376
2009年3月号 16 3 区域麻酔のControversies 2,310 2,376
2009年2月号 16 2 病態別の輸液管理 2,376
2009年1月号 16 1 輸液管理:周術期の輸液管理 2,376
2008年
2008年別冊 15 東京麻酔専門医会編 Annual Refresher Course Lecture 4,104
2008年12月号 15 12 高齢者の大腿骨頸部骨折 2,376
2008年11月号 15 11 心不全に挑む 2,376
2008年10月号 15 10 冠動脈疾患患者の麻酔 “Pros & Cons” 2,376
2008年9月号 15 9 EBMにもとづいた周術期感染症へのアプローチ 2,376
2008年8月号 15 8 非常時:病院と患者とあなたを守るために 2,376
2008年7月号 15 7 NSAIDsを知る・使いこなす 2,376
2008年6月号 15 6 脳:高次機能障害 2,376
2008年5月号 15 5 薬物の副作用:薬は毒である 2,376
2008年4月号 15 4 酸素(中級編):でも、酸素は薬?毒? 2,376
2008年3月号 15 3 酸素(基礎編):ヒトの強い味方、酸素を理解する! 2,376
2008年2月号 15 2 脊髄くも膜下麻酔の謎に迫る 2,376
2008年1月号 15 1 ロクロニウム/よくある症例 2,376
2007年
2007年別冊 14 東京麻酔専門医会編 Annual Refresher Course Lecture 4,104
2007年12月号 14 12 星状神経節ブロックを見直す 2,376
2007年11月号 14 11 超音波ガイド下神経ブロック:基礎とブロックの実際 2,376
2007年10月号 14 10 麻酔導入法 2,376
2007年9月号 14 9 レミフェンタニル 2,376
2007年8月号 14 8 動脈穿刺;動脈圧測定(各論) 2,376
2007年7月号 14 7 動脈穿刺;動脈圧測定(総論) 2,376
2007年6月号 14 6 またまた研修医の素朴な疑問に答えます 2,376
2007年5月号 14 5 岐路に立つ産科医療 2,376
2007年4月号 14 4 心肺蘇生の薬 2,376
2007年3月号 14 3 緩和医療を考える 2,376
2007年2月号 14 2 意識下挿管 2,376
2007年1月号 14 1 気道確保のストラテジー 2,376
2006年
2006年12月号 13 12 中心静脈穿刺 その2(各論) 2,376
2006年11月号 13 11 中心静脈穿刺 その1(総論) 2,376
2006年10月号 13 10 神経因性疼痛の最前線 2 2,376
2006年9月号 13 9 神経因性疼痛の最前線 2,376
2006年8月号 13 8 ヘパリンの臨床 2,376
2006年7月号 13 7 人工心肺の基礎と臨床 2,376
2006年6月号 13 6 人工心肺の基礎と臨床:基礎編 2,376
2006年5月号 13 5 小児区域麻酔のコツ 2,376
2006年4月号 13 4 CSEAを使いこなそう 2,376
2006年3月号 13 3 再灌流障害の病理 2,376
2006年2月号 13 2 ブドウ糖 2,376
2006年1月号 13 1 麻酔科開業を語る 2,376

shuji@taizando.co.jp shuji@taizando.co.jp