2005年1月入荷しました!
 Joslin's Diabetes Mellitus, 14th ed. 
\0円
(税込)

PAGES: 1,209 pp. ILLUSTRATIONS:421 Illus.
Editors: C.R.Kahn, G.C.Weir & G.L.King et al. (eds.)
(Lippincott Williams & Wilkins)

Joslin Diabetes Centerおよびその他世界有数の施設の専門医約80人の手により,糖尿病学のバイブルが10年ぶりに改訂され,第14版を迎えた.
 今版では,「ホルモン作用と代謝制御」を取り上げる全11章のセクションを新たに加え,また「定義と病因」のセクションでは,遺伝学,米国の少数民族の糖尿病,アジア・アフリカの糖尿病に関する最新情報を追加した.さらに,糖尿病性網膜症,心血管疾患,創傷治癒,女性糖尿病患者の治療を扱う章も加えられている.図表もすべて,最新のものに改訂されている.


ジョスリン糖尿病学,第2版(上記の原著14版の翻訳です)在庫あり 即日発送できます
\28,080円(税込)

監訳
金澤康徳 自治医科大学名誉教授/財団法人日本糖尿病財団理事長
春日雅人 神戸大学大学院医学系研究科 糖尿病代謝・消化器・腎臓内科教授
柏木厚典 滋賀医科大学内科学講座(内分泌代謝内科)教授
門脇 孝 東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科教授
河盛隆造 順天堂大学医学部 内科学・代謝内分泌学教授
田嶼尚子 東京慈恵会医科大学内科学講座(糖尿病・代謝・内分泌内科)教授

A4変 頁1370 図378・写真71 2007年 (MEDSI)
 
糖尿病学の世界的名著、12年ぶりの日本語版改訂
●"糖尿病学の父"と称されるジョスリン博士による初版刊行以来90年間、糖尿病学の指標たりつづける包括的リファレンス、12年ぶりの日本語版改訂。
●基礎から臨床まで、糖尿病に関わるあらゆる医学的知見を網羅。
●Joslin糖尿病センターのスタッフに加え、世界中から招聘された各分野の専門家が執筆を担当、臨床経験や研究に裏打ちされた記述は、示唆に富む。
●内容を大幅に更新、とくに研究の進展著しい基礎医学、分子生物学領域の新しい知見や臨床研究の成果を盛り込む。
●糖尿病専門医のみならず、日常診療において糖尿病患者と接する機会の多い勤務医・開業医の座右の書としてふさわしい1冊。

送料無料です。ご注文お待ちしております!
No タイトル 税込価格 ご注文
1 ジョスリン糖尿病学 第2版 \28,080



shuji@taizando.co.jpshuji@taizando.co.jp